アパート経営の将来に大きく関係する3つのポイント

収支計画書をアパート経営をするに際したてているという方も多いでしょう。将来予測のシュミレーションではありますが、これらが具体的に役立ってくれることもあるかと思います。将来の収支に大きく影響するものなのです。今回はそのポイントについて触れていきたいと思います。

■賃料について
周辺の物件や環境などによって家賃金額を設定していきます。エリア相場に熟知した不動産業者などに相談をすると設定もしやすいでしょう。

■空室率について
新築アパートの場合、最初は満室のことが多いのですが長期的となると空室が出てくる可能性があります。それを前提にして設定することをおすすめしたいと思います。繁盛記を過ぎた時期に空室があると、なかなか入居者が決まりにくいということもあるようです。

もちろん、空室率を高く設定しすぎてしまっては計画が成り立たなくなってしまいますので冷静に分析判断していきましょう。

■修繕費について
支出の部分で大きくなってくるのがこの修繕費です。見落としてしまいがちなアパート経営者の方も多いようです。入居者が入れ替わる際に発生する「原状回復費用」。さらには寿命により「取替え費用」などは見越しておくことがもとめられるでしょう。

大規模修繕についてですが、早い段階から修繕費用を積み立てておくなど長期間にわたるメンテナンス計画をたてていただくことをおすすめしたいと思います。

■ポイント3つを抑えてしっかり計画を
今回はポイント3つについて触れていきました。もちろん、こればかりではありませんが基本的な部分をおさえ計画を立てていただくことがアパート経営を成功させるコツでもあるのです。長期事業であると考えしっかりと練っていきましょう。