アパート経営をする際に覚えておきたい利回りのことについて知っておく

アパート経営をする上において、やはり黒字に導く・収益を出すというのは全員の経営者が考えていることと言っても過言ではないでしょう。その1つの指標として「利回り」というものがあります。そこで、利回りについて見ていきましょう。

■利回りとは
アパート経営の採算性を示す指標となってくれるものです。アパートを建てるのに必要となった費用と、そこから得られる収入との関係で評されます。そして「表面利回り」というものと「実質利回り」という2種類のものがあるのです。

■それぞれの計算方法について
以下、それぞれの計算方法について記します。

表面利回り(%)=年間総収入÷総投資額×100
実質利回り(%)=(年間の総収入-経費)÷総投資額×100

です。もちろん、利回りが高いほどに良いといえるのですが、数字がいくら高くても表面利回りを示していると言うだけかもしれません。このことから、経費を差し引いた「実質利回り」のほうに重きを置いて判断していくように心がけましょう。

■入居者のニーズも忘れずに
利回りが高くとも、立地環境から入居者のニーズにあっていないなどという場合、または賃料が相場よりかなり高いなどという場合においては、実際に上手く進められないということもあるでしょう。数字ばかりを見すぎずに、実際の環境などもにも注意をおきながら収支計画を立てていくことが大切といえるのです。

■アパート経営を進める際に考えたい要素
今回は利回りについて触れていきました。必須な部分ではありますが、そこばかりを考えて机上の空論とならないように気をつけながら進めていくとアパート経営もよりスムーズに遂行できるでしょう。こうした相談を受け付けている不動産業者もいますから、自分自身では分からないと言う場合には利用しましょう。