収支計画書を立ててアパート経営もよりスムーズに進められる方法を選択していく

アパート経営は長期間にわたる「事業」と捉えるとよいでしょう。だからこそ、収支の計画をしっかりとたてることが重要となってくるのです。今回は、計画を立てるための「収支計画書」について見ていきたいと思います。

■収支計画書とは
簡単に言えば、経営スタートから長期間の事業収支の金銭の流れを一覧にしてまとめるものを指します。利益が出ているのか否かという判断材料にしていただけるものです。

■収入・支出となる部分について
収入になるのは家賃・礼金や敷金といったものになるでしょう。逆に支出となるものは、ローンがあればその返済額・修繕費・税金・保険・諸経費などがあるでしょう。

■収支計画書があるとどのようなメリットがあるのか
金銭の流れから収入の予測をしやすいという事がメリットとして考えられるでしょう。見通しを立てるのにも有効的なのです。また、大規模な修繕費用がかかるという場合も「修繕積み立て」の参考にもしやすいかと思います。

■見直しもしやすい
収支のバランスが取れていない・赤字状態だなどとて言う場合は、資金計画を再検討しやすいのも大きなポイントといえるでしょう。バランスの取れた計画へと導くこともしやすいというわけです。

■不動産所得の収支とは違うもの
支出計画書というものは、実際の現金の流れを示すものとなっています。ですから、不動産所得とは異なるものとなっていますので注意をしておくようにしましょう。

■計画を立てることでよりスムーズに
このように収支計画書を作成しておくと、アパート経営をするにおいてもより良い環境を整えやすいかとも思いますので取り入れていくとよいでしょう。経営者の多くの方が実際に作成されているものでもあるのです。